コミュニティニュースレター2021年9月号

DRCommunityJP
モデレータ
モデレータ
0 0 789

DataRobotからのお知らせ



DataRobotドキュメンテーション新プラットフォームへ移行



DRCommunityJP_0-1632996182298.png

 

 

docs.datarobot.com 日本語版ではAuto MLやAuto TS、MLOps、そしてData Prepなどにわたって統一された新しいドキュメントデザインと、横断検索などの便利な機能をインターネット上で手軽に利用することができます。8月に英語版が公開され、今回日本語版も利用可能になりました。

 

これに伴い、コミュニティのナレッジベースに掲載していたマニュアルの抜粋は公開を終了します。

 

詳細



金融業界として初めてのAIヒーロー

DataRobotでは、AIを活用している個人を積極的に取り上げ、その活動を応援すべくAIヒーローとしてご紹介しています。

 

金融業界として初めてのAIヒーロとして、白石 寛樹 氏 三井住友カード株式会社 をご紹介します。

DRCommunityJP_1-1632996182245.png

 

 

新技術やソリューションの導入において慎重になりがちな金融業界において、いち早くAI(DataRobot )を導入し、その活用を推進した白石 寛樹氏。三井住友カードは、従来よりビッグデータ分析を行ってきた素地もあり、導入から4年経つ現在では様々な部門で AI が活用され成果を上げています。白石氏は社内における AI の理解を促進し、活用の機運を高めた AI ヒーローです。

 

リンク

 

注目のコミュニティイベント

 

DataRobot ディベロッパーミートアップ vol.2 10/7(木) 開催

DataRobotのテックに特化したDataRobotディベロッパーコミュニティのミートアップを開催しています。

2021年9月にかけて利用可能になったDataRobot最新リリース「7.2」 MLOps機能のご紹介を行います。 先日買収を発表したDataRobotファミリー 「Algorithmia」についても少しご紹介します。

7.2 MLOps新機能Webinar申込

 

最近のDataRobotブログ

 

[自動車]モビリティ分野の課題と機械学習/AI

 

現在のモビリティ業界は、自動運転車、コネクティッドカー技術など先端技術への対応、車両の走行、安全、環境性能の向上、製造品質のさらなる向上など、多種多能な解決すべき課題が存在します。本ブログではモビリティ業界の「課題」を俯瞰致します。

 

[スポーツ]時速320kmでの機械学習 - インディカーレーシング

 

DataRobot は「Winning at 200mph(時速320kmでの勝利)」をテーマに、Robert Megennis が運転する Andretti Autosports のインディ・レースカーにユニークなスポンサーシップを提供しました。2021年を通しアメリカ国内で開催されたレースイベントに出向き、技術や人、レース文化について学び、短期的な実行と長期的な計画で最高の状態にもっていく方法を深く理解できたのです。



[DX] 機械学習を使ってデジタル顧客体験(DCX)を向上させるには?:DataRobotとKARTEの連携方法のご紹介

 

デジタル顧客体験を改善させるために、顧客行動の可視化と体験のパーソナライズを可能にする基盤の導入が多く見られているものの、一人一人の顧客に適切にアプローチするためには、その基盤と人の力だけでは限界があります。本稿では、その課題を解決するためにDataRobotを活用するメリット、及びKARTEとの連携方法をご紹介します。



[MLOps] 継続的なROI創出のためのMLOpsとガバナンス

多くの機械学習のモデルはトレンドが変化すると影響を受け、時間とともに陳腐化します。モデルを業務で活用し継続的にROIを生み出していくには、AIガバナンスを整備したモデル運用がモデリングと同じくらいに重要といなります。本稿ではAIガバナンスと運用体制を実現するMLOpsの概念を用いて、導入時の考慮事項をご説明します。



[製造業] ものづくり現場でのAI利活用

製造ラインの安定稼働を維持するため、設備の保全活動を計画・実施しています。製造現場に適用しているモデルも同様、安定的に利用するため、精度劣化の予兆を事前に把握するなどのメンテナンスが必要です。本稿ではAIモデルを製造現場で利用する際の課題と考慮事項をご説明します。

 

DataRobot製品アップデート:



DataRobot 7.2の製品アップデートについてDataRobotコミュニティでご紹介しております。

 

ぜひご一読ください!

 

DataRobot計画メンテナンス情報:

 

DataRobot クラウド版のサービス状況を随時ご確認いただけます。

 

メンテナンスやインシデントに関するEメールやSMSの更新情報を受け取るには、status.datarobot.comに登録してください。

トレーニング・イベント情報

 

DataRobot Universityでは、Data Prep、AutoML、AutoTS、MLOpsの各製品ごとに基礎レベル ワン とアドバンストレベル ツー」の二種類のコースをご用意しています。すでに機械学習の基礎知識をお持ちで、DataRobotの利用方法を学びたい方のために、セルフラーニング形式の HowTo を提供開始しました。ぜひご活用ください。

 

DataRobot Universityの2021年11月分までのスケジュールです。ぜひお早めにご計画の上お申し込みください。



各コースの詳細および申し込みはhttps://jp.university.datarobot.com/page/datarobot-university 

をご参照ください。

 

DataRobotに関する最近のメディア記事



プレスリリース

 

[金融] MFSが運営するオンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」がDataRobotを活用した「住宅ローン審査に通る確率」の提供開始

DataRobot, Inc.は、オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFSが、人口知能(AI)を活用した「住宅ローンの審査に通る確率(以下、「融資承認確率」)」の提供を開始したとを発表しました。

 

[金融] コインチェックがDataRobotを活用し、AIによるアンチマネーロンダリングシステムを高度化

 

DataRobot, Inc.は、コインチェック株式会社が、DataRobot のプラットフォーム上で開発したAIによって、既存の不正取引検知におけるアンチマネーロンダリング(AML)システムを高度化し、実運用を開始したことを発表しました。

 

[保険] DataRobot、エヌエヌ生命の引受査定業務におけるAI実装の準備を支援

DataRobot, Inc.は、中小企業向け生命保険に特化するエヌエヌ生命保険株式会社が、2022年内の実現を目指す引受査定業務におけるAIを活用したストレート・スルー・プロセッシング(Straight-Through Processing:人手を介さない査定業務)の実現への支援を開始しました。

 

メディア記事のお知らせ

 

[DX] ヤマハ発動機とダイハツ工業の実践者が語る! 社内におけるAI人材の育成/教育の進め方

 

DataRobotは7月27日、「AI Executive Forum 2021」をオンラインにて開催した。「ビジネス変革を加速する日本流DX~AI人財育成と組織化の実戦でDXは加速する~」をテーマに掲げた同フォーラムでは、経営者や役員、各事業部門の管理職を対象に事例を交えたセッションを実施。日本流のDXを実現するためのヒントが示された。

 

ニュースレター購読

 

ニュースレターの購読を選択できるようになりました。

同僚の方にもニュースレターを購読をおすすめいただき、下記のサイトからメールアドレスをご登録いただけます。

 

https://www.datarobot.com/jp/lp/newsletter/





本ニュースレターに関するお問い合わせは、newsletter-jp@corp.datarobot.com までお寄せください。

お知らせ
DataRobotコミュニティにようこそ!


DataRobot クラウド サービス状況

AI活用事例集 DataRobot PathFinder

書籍「DataRobotではじめるビジネスAI入門」発売中

コミュニティラジオ「DataRobot充電中」Podcast

ユーザー登録の際ブラウザはGoogle Chromeご利用ください. IEはサポートしておりません
初めての方は コミュニティのはじめ方をご確認ください.