キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Qiitaクリスマスアドベントカレンダー実施中

AIカタログのR(或いはPython) Package対応について

Highlighted
イメージセンサー

RやPythonのDataRobotパッケージの、AIカタログ対応はいつ頃になるのでしょうか?

私は、複数のCSVファイルを結合させてDataRobotに自動モデリングをさせるために、R(たまにPython)上でデータフレームを作ってDataRobotにアップロード⇒オートパイロットということをしていました。

今回の「AIカタログ」はとても便利な機能なのですが、カタログ上へのデータソース(ファイル)の追加がRやPythonからできるようになると作業の自動化が捗り、とてもありがたいです。

 

ラベル(3)
3件の返信3
Highlighted
データサイエンティスト
データサイエンティスト

ご質問ありがとうございます。

先日リリースしたPython Client v2.20.0ではDatasetsクラスが追加されて、

ご希望の流れを実現できると思います。


以下はサンプルとなります。Datasetsの詳細説明はAPI Docにて確認していただければと思います。

# ファイルの読み込み
data_frame = pd.read_csv('data_dir/my_data.csv')

# 読み込んだDataFrameからデータセット作成
dataset = dr.Dataset.create_from_in_memory_data(data_frame=data_frame)
# 完了後、AIカタログのUIから'data.csv'と言うデータセットが確認できます

# 下記でデータセットの名前を変更することが可能です
dataset.modify(name='内容に相応しい名前')

# データセット使ってProject作成方法①
project = dataset.create_project(project_name='プロジェクト名')

# データセット使ってProject作成方法②
project = dr.Project.create_from_dataset(dataset.id, project_name='プロジェクト名')

# 使用済みのデータセットはAPIから削除可能です(既存のプロジェクトには影響しない)
dr.Dataset.delete(dataset.id)

よろしくお願い致します。
 

Highlighted
イメージセンサー

PythonはAIカタログが使えるようになったのですね。ありがとうございます。

Rは現時点(Ver. 2.17.0)ではまだ対応できていないのですが、もう少し時間がかかるようですね。待ち遠しいです!

0 件の賞賛
Highlighted
データサイエンティスト
データサイエンティスト

Rはまだ対応できず、本当に申し訳ございません。

できれば両方できるようになりたいところですが、ひとまずPythonを使っていただければと思います!

0 件の賞賛