キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

アップリフトモデリングでのDM送付の最適化問題について

ynabekur
イメージセンサー

お世話になります。

 

マーケティング施策でDMを送る際に、DMを送った場合の成約確率とDMを送らない場合の成約確率を見て、DM送付先を決定しようとします。

 

ここで、DM送付数は事前にm件と決められていて、DMを送る顧客の成約確率p1, p2, ...pmとDMを送らない顧客の成約確率pn, pn+1, ...pn+xの合計が最大化されるようにDMを送る顧客を選びたいとします。

 

このとき、どういう考え方で最適化を行えばよろしいでしょうか。

ご知見いただけたら幸いです。

 

0 件の賞賛
3件の返信3
Kei
データサイエンティスト
データサイエンティスト

@ynabekur -san, 

バイアスがかからないようなデータセットに対してupliftモデルが作成できた場合、

顧客一人一人のupliftを予測、そこからビジネスインパクトを計算し、そのビジネスインパクトが大きい顧客を優先的にアプローチするのはいかがでしょうか?

 

もう一軸入れるとするのであれば、DMを送付した場合の購入確率の絶対値が低いと効果が出にくいので、購入確率をある閾値以上に限定するというのも検討すると良いかもしれません

0 件の賞賛
ynabekur
イメージセンサー

ありがとうございます。

 

ご教授いただいた方法も1つあるかと思いますが、組み合わせ最適化問題に落とし込んで解くことはできないかなと思っておりました。

 

それとも、あまり組み合わせ最適に落とし込むのはよろしくないでしょうか。。

0 件の賞賛
Kei
データサイエンティスト
データサイエンティスト

ありがとうございます。

施策を打つ観点でいくと、upliftが大きな顧客から拾っていくことが、施策効果最大につながる方法になるかと思います

0 件の賞賛