Autopilotによるモデル作成

キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
DataRobot コミュニティ

Autopilotによるモデル作成

モデルはDataRobotで作成できる主なオブジェクトです。モデルを利用して予測することができます。REST APIのcurlコマンド、またはPython SDKを利用してモデルを作成することができます。

モデルの作成に2つのステップがあります。

  1. プロジェクト作成
  2. モデル作成

オートパイロットを利用してモデルを作成すると、ベストのモデルでデプロイを作成することができます。デプロイの作成はこちらにまとまっています。モデルの評価はここにまとまっています。DataRobotのPythonドキュメントはこちらにあります。

DataRobot Community Githubのワークフローとスニペットのサンプルコードは こちらにあります

REST APIを利用したモデルの作成

必要事項

  • api_key—DataRobotのGUIの開発ツール画面に記載
  • 作成されたプロジェクト詳細はこちら
  • projectId—returned 上記のリクエストの返し、またはプロジェクトURLの最初の英数字.
    例、 app.datarobot.com/projects/<projectid>/models.
  • target_feature—予測をする特徴またはカラム

ターミナルでのリクエスト

 

curl -v \
-X PATCH \
-H 'Authorization: Bearer API_KEY' \
-H 'Content-Type: application/json' \
--data '{"target": TARGET_FEATURE}' 
YOUR_DR_URL/api/v2/projects/PROJECT_ID/aim/

 

 

 

リクエストのサンプル

(cURL sample)

 

API_KEY=YOUR_API_KEY
PROJECT_ID=YOUR_PROJECT_ID
TARGET=YOUR_TARGET_FEATURE
ENDPOINT=YOUR_DR_URL/api/v2/projects/$PROJECT_ID/aim

curl -v \
-X PATCH \
-H "Authorization: Bearer $API_KEY" \
-H "Content-Type: application/json" \
--data "{\"target\":\"$TARGET\"}" 
$ENDPOINT

 

Pythonを利用するモデルの作成

必要事項

  • API Key—DataRobotのGUIの開発ツール画面に記載
  • Import DataRobot Package and be connected to DataRobot (こちら)
  • 作成したプロジェクト こちらをごらんください)
  • target— 予測したいカラム
  • mode— autopilotで使いたいモード

コードのフォーマット

 

import datarobot as dr 
project.set_target(target= <target>,mode= <mode>)

 

サンプル

(Pythonのサンプル)

 

import datarobot as dr 
project.set_target(target=’readmitted’, mode=dr.AUTOPILOT_MODE.FULL_AUTO)

 

ラベル(2)
バージョン履歴
最終更新日:
‎07-31-2020 11:43 AM
更新者:
寄稿者